見たいものが見えない生活

緑内障・黄斑変性と共生するための覚書です。

ロービジョンを知ってもらうには?

昨日、Yahooニュースで、弱視が取り上げられていましたね。

 

弱視屋の見ている世界ー人生の途中で「白杖」を持つ

 

恥ずかしながら、ロービジョンについて色々調べるまで、なんとなく「白杖全盲」のイメージを私も持っていました。確かに、少しだけ見えるけれど普通に歩くのは難しい状態はあるわけで、そういうことに思いが至らなかったわけです。

 

自分自身が、道を渡るとき車が視界から消えてしまってどこまで近づいているのかわからない時があるとか、スーパーでお惣菜のラベルになんて書いてあるのかわからないとか、銀行のATMで数字を入力するのに苦労するとか、そういう不自由を経験をして、ようやく目が見えないことの大変さを考えるようになりましたが、もしそういう障害が出てこなかったら想像だにしなかったことでしょう。だから、このYahooの記事のように、その大変さを伝えることは大切だと思うのです。

 

話は全く変わりますが、昨日のNHKの朝ドラ「ひよっこ」に「インパール作戦」が出てきたことにびっくりしました。

 

インパール作戦」とは、第二次世界大戦中、日本軍の無策により多大な犠牲者を出した悪名高き作戦です。こんな重い話が、あの能天気あビートルズ騒ぎの中で、さらっと組み込まれていることに驚きました。

 

それで思いました。この「ひよっこ」のように思いテーマをさらっと組み入れてもよいのではないか、普通のドラマで障害について考えるシーンがあってもよいのではないかと。

 

セサミストリートに自閉症のキャラクターが加わったそうですが、同じように福祉番組ではなく、普通の番組で障害についての描写があってもいい。例えば、主人公の友人が白杖を持ちながらスマートフォンを使うシーンとかね。

 

そうやって障害を身近に感じられたらいいなぁと(だいぶ飛躍しつつ)妄想しておりました。